いま注目されている「家族信託」とは?

おはようございます。司法書士の上塩入です。

今日はいま各分野で注目されている財産承継制度、家族信託のお話です。

 

 

「家族信託」とは?

家族信託とは数ある信託の中の1つで、財産管理・承継制度のことです。

 

信託とはその名前のとおり

「信」じて「託」す手続です。

 

つまり、財産を所有している人が、自分の信頼できる人に対して財産を託し、託された人が信託の目的に基づいて財産を適切に管理・承継させていく一連の手続を信託といいます。

信託は、後に説明しますがその制度設計の自由度が非常に高いことから、司法書士を始め相続・財産承継の分野の専門家の間でも特に注目されている手続です。

信託は、それぞれの目的(利用する用途)によって遺言信託、福祉型信託などの名前が付けられていますが、分かりやすく区別するために名前が付けられているだけで、本質は全て同じです。

そしてその中に、家族で財産を管理し、承継させていく手続があり、その信託を「家族信託」と呼んでいます。

 

どんなとき、どんな人に信託が使えるのか

 

信託には、その用途(信託の目的=依頼者のニーズ)に合わせて様々な使い方ができます。

 

よくある代表的なものをあげますと、

財産をお持ちの高齢であるご本人が、身体的、精神的あるいは何かしらのご病気により年々自分で財産を管理することが難しくなってきた場合に、

財産を相続人である子どもに託し(※あげる訳ではない)託された子どもが財産を適切に管理し、ご本人のために資産を運用する。

 

さらに、ご本人が現在はご健康であるものの、少しずつ判断能力が衰えてきており、将来を見据えて自分が認知症になっても子どもや配偶者が財産を管理・承継できるように信託しておく。

 

あるいは、ご本人のお子様にまだ幼い子や障害を持った子どもがおり、自分の没後その子どものために適切な財産の管理・承継がされるか心配であるときに、

ご本人の親族に財産を信託し、親族がご本人の没後も幼い子や障害を持った子どものために財産を管理する場合。

 

そのほか、ご本人に子どもAとBがおり、ご本人の没後A夫妻に実家を継がせ、Aが死亡したら本来は相続人ではないBの子どもに財産を承継させたい場合。

 

これらのような場合に、信託以外の従来の制度だと出来なかったことが信託だとできるようになり、信託がとても有効になります。

 

信託はオールマイティーな制度

 

信託とよく似た制度はたくさんあります。

ご自身で財産の管理が難しくなった場合には委任契約や任意後見契約。

判断能力が失われた人の財産管理なら成年後見制度。

相続人以外の人への財産承継なら生前贈与や遺言による遺贈。

相続人への財産の承継方法を指定したいなら遺言。

自身の没後の財産管理・事務手続なら死後事務委任や遺言執行者選任の制度。

 

これらの制度には、それぞれ何かしらのデメリットがありました。

 

信託にももちろんデメリットはあります。

しかし、信託を利用することで、上の制度でどうしても実現できなかったいろいろなご本人の希望を実現させることができます。

 

信託は自由度が高い制度(ご本人の意思によって、さまざまな想いや希望に沿うことができる)であり、これまでの財産承継制度をひっくり返すような画期的な制度なのです。

 

詳しくはまた別の日にご紹介します。