封のされている遺言書を開けてしまったら無効?

遺言書の開封

自筆でかかれた遺言書のなかには、封がされているものがあります。

その封を開けてみないと中にどんな内容が書かれているのか分かりませんよね。

だけど勝手に開けて良いものか・・・

 

封がされている遺言書を発見したときの扱いを説明します。

 

裁判所で開封するのが大原則

冊子になっている公正証書遺言と違い、自署で書かれた遺言書は、そのままの状態で見つかることもあれば、封筒に「遺言書」「遺言状」などと書かれて中身が分からないものもあります。

 

相続人として、亡くなった方の遺品を整理しているときに、もし遺言書のようなものが見つかったらどうしますか?

 

やはり中身が気になると思います。

しかし、封筒に入っており、肝心の内容が分からないからといって、法律上は遺言書を勝手に開けてはいけないことになっています。

民法では、封がされている遺言書を見つけたときは、封のされた状態のまま家庭裁判所に検認の申立てをしなさい、という規定になっています。

 

検認とは、遺言書の内容を確認する手続のことで、相続人全員が裁判所に呼び出され、そこで検認がされます。このとき、封のされている遺言書を初めて開封することになります。

 

 

勝手に開けてはいけない理由


自筆証書遺言書は公正証書と異なり、
改ざん、隠蔽、偽造変造のおそれがある形式の遺言書です。

その偽造変造を防ぐために、自筆証書遺言書は家庭裁判所で検認の手続をしないといけないのです。(検認は封がされているかどうかにかかわらず行います)

 

つまり、遺言書を家庭裁判所で確認し、その法的効力と内容を確保するために、勝手に開けてはいけないことになっています。

 

ちなみに、公正証書遺言書は公証役場で作成する際に、その内容を保管してもらっているので、改ざんのおそれは非常に低いといえます。

さらに、作成段階で公証人が関与して内容や真実性は担保されているので、別途検認の手続を経る必要はなく、被相続人の死亡後ただちに遺言書に基づいて相続手続が可能になります。

 

もし開けてしまったら?

しかし、家庭裁判所で検認するときまでは、封がされた遺言書を開けてはならないという法律を知っている人はほとんどいません。

実際、相続人が遺言書を開封してしまうケースがよくあります。そんなとき、遺言書の効力などがどうなるのか説明します。

 

(1)遺言書の効力

封を勝手に開けてしまったからといって、遺言書の効力自体には影響しません。

あくまで遺言書の書面に、自筆証書遺言書の要件が備わっていれば、遺言書として効力は失われません。

 

(2)ペナルティ

しかし、法律上では開けてはならないと規定されていますので、封を開けてしまった場合5万円以下のペナルティを受けることがあります。

 

 

最後に

自筆でかかれた遺言書はとてもナイーブなものです。

遺言書の書き方1つで無効になることもありますし、1文字違うだけで意味が大きく変わることもありえます。

絶対にダメですがやろうと思えば捨てたり、書き換えたり、自分に都合の悪い遺言書を隠すこともできます。

悪気がなくても1人で開けてしまうと、そんな疑いを持たれてしまうこともあり得ます。

もし封がされている遺言書を見つけたら、開けずに、司法書士か弁護士に相談してください。