所有者不明土地の総面積は九州以上

ちょっと前に新聞記事でそんなことが書かれていました。

 

おはようございます。

残念ながら現在は記事を閲覧できなくなっていますが、相続登記未了などで所有者が不明になっている土地総面積は九州以上になるのことでした。

ほとんどは資産価値(相続する価値)のない地方の山林などみたいですが、その記事によると「宅地」も20%ぐらいありました。

 

相続しようとしたけど何らかの原因で頓挫したのか、相続登記漏れなのか、はたまた登録免許税の支払いがイヤでわざと放置したのか・・・

何が原因かまでは分かりませんが、ただでさえ国土の狭い日本で事実上転用できない状態の土地面積が九州より広いというのは知りませんでした。

そのままだと相続人たちに不利益なことはもちろん、第三者が有効に活用することもできませんし、地方のインフラ整備したくても出来ないなど悪いことだらけです。

 

先日別の記事では、日本の空き家問題は深刻で、現在は7軒に1軒が空き家になっているとかなんとか。

放置されっぱなしだとゴミが投げ込まれゴミ屋敷になる、建物倒壊で被害が出る、得体の知れない誰かが勝手に住み始める、放火(自然発火)の原因になる、犯罪現場に利用される等こちらも良いことは1つもありません。

これから高齢化社会が加速していけばもっと増えそうです。

おそろしや。