登記簿と評価証明書の敷地権割合が異なる場合の登録免許税

こんにちは、神戸の相続司法書士かみしおいりです。

神戸地方法務局西宮支局管轄の敷地権付区分建物の登記簿上の敷地権割合と、評価証明書上の敷地権割合が異なることがありました。

登記簿上では敷地権割合:1万分の75のところ、

評価証明書の備考欄に敷地権割合:9925分の75と記載されていました。

要は評価証明書上の方が専有部分が多い計算になっています。

登記簿と評価証明書の地目が異なることはよくありますが、敷地権割合が異なる記載になっているのは初めて見ました。

当初は間違いかと思い役所に問い合わせたところ、専有部分の所有権取得後に共用部分(集会所)を取得したため、敷地権割合が増加したとのこと。

その後法務局に登録免許税の計算で問い合わせると、評価証明書上の敷地権割合で計算してくれとのことでした。