相続人の順番~法定相続人とは?~

相続人の順番(法定相続人)を徹底解説

 

こんにちは。神戸の相続専門司法書士の上塩入です。

皆さんは、法定相続人が誰になるのかご存知ですか?
おそらく誰が相続人に当たるのか、相続人になれる順番、それぞれの権利がどれだけなのかを正確に把握している人は多くないと思います。

なので今回は相続人になる人と(法定相続人)と順番について解説していきます。

相続人の順番~法定相続人~

 

相続が発生したとき、葬式の準備や親族関係者への連絡、さらには役所への届出などなど、やらなければいけないことは沢山あり、めまぐるしく日々が過ぎていきます。

そうしてやっと気持ちにも時間にも余裕が生まれたとき、ふと財産の相続についてこんな疑問が頭にわいてくるのです。

「そもそも相続人は誰だろう?」

「兄弟や孫は相続人になるの?前妻の子は?」

そんな疑問を解消すべく、まずは相続人になれる順番を説明します。

亡くなった方を本人Xさんとして、

亡くなった本人(被相続人):Xさん
配偶者:Yさん
子ども:Aさん、Bさん
Xさんの親:甲さん、乙さん
Xさんの兄弟:Vさん、Wさん

こんな家族構成のとき、相続人になれるのは以下の順番になります。

 

第1位:配偶者
第2+位:子ども(卑属)
第2位:親(直系尊属)
第2-位:兄弟姉妹

 

まず1~2-位について解説します。

配偶者とは、現在の配偶者のことです。離婚した相手は含まれません。
例えばXさんがZさんと離婚し、Yさんと再婚して死亡したとき、配偶者に当たるのはYさんだけです。

次に、子ども(卑属)とは、その名のとおり自分の子どもです。これは離婚した相手との間に生まれた自分の子どもも含まれます。

そして卑属(=自分より年下の人)という書き方をしましたが、相続人になれる権利がどんどん子孫に行く場合があります。
例えばXさんよりも先にAさんが死亡し、Aさんに子どもA”がいる場合、A”さんは代襲相続人と呼ばれ、Xさんの財産を相続する権利を得ます。

続いて、親(尊属)は自分の戸籍上の親のことです。配偶者(例でいうとYさん)の親はXの相続人ではありません。
ここでも、子ども(卑属)の場合と同じく尊属(=自分より年上)という書き方をしています。なので甲乙さんがXさんより先に死亡し、祖父母が存命のときは、祖父母に相続権がいくことになります。

最後に兄弟姉妹です。これは腹違いの兄弟姉妹も含まれます。
なので例えばXさんの親:甲さんが乙さん以外の人との間に子どもを授かっていた場合、その方はXさんの腹違いの兄弟に当たりますので、相続権があることになります。

 

以上が相続人についての解説です。

では次に、誰が相続人になるのかですが、まず順位1位:配偶者が相続人になります。
2位の方々全員が既に死亡しているときは、もちろん配偶者のみが相続人です。
2+~2ーのうち誰かがご健在であるときは、その該当者と一緒に相続人になります。2+位、2位、2ー位でご健在の方が複数のときは、2+位から優先されます。
また、2+位、2位、2ー位が一緒に相続人になることはありません。

 

以上のことを踏まえると、法定相続人のパターンは

  1. 配偶者+子ども(卑属)
  2. 配偶者+親(直系尊属)
  3. 配偶者+兄弟姉妹
  4. 配偶者のみ
  5. 子ども(卑属)のみ
  6. 親(直系尊属)のみ
  7. 兄弟姉妹のみ

 

の7つに分類されることになります。

最後に、以下の家族構成を例に考えてみると、
亡くなった本人(被相続人):Xさん
配偶者:Yさん
子ども:Aさん、Bさん
Xさんの親:甲さん、乙さん
Xさんの兄弟:Vさん、Wさん

例)
・全員生きてる→YABが相続人
・AB甲乙VWが先に死亡しYが生きてる→Yが相続人
・甲乙VWが先に死亡しYABが生きてる→YABが相続人
・ABVWが先に死亡しY甲乙が生きてる→Y甲乙が相続人
・Yが先に死亡しAB甲乙VWが生きてる→ABが相続人

以上のようになり、パターンに当てはめると

  1. 配偶者+子ども(卑属)⇒Y、A、B
  2. 配偶者+親(直系尊属)⇒Y、甲、乙
  3. 配偶者+兄弟姉妹⇒Y、V、W
  4. 配偶者のみ⇒Y
  5. 子ども(卑属)のみ⇒A、B
  6. 親(直系尊属)のみ⇒甲、乙
  7. 兄弟姉妹のみ⇒V、W

の7パターンがあり得ることになります。

 

 

なんとなく分かりましたか?

次回は更に話を進めて、相続分(相続できる権利の割合)についてお話します。

「法定相続分とは?」