相続放棄を考えるとき~手続きや期間など~

神戸の相続専門司法書士の上塩入です。

相続の現場に関わっていると、依頼者の方から「相続放棄」というワードを耳にすることがあります。

相続放棄の本当の意味

 

相続の相談を受けたとき、相続人さんたちで誰が何を相続するか話し合いは出来ていますか?と質問をするのですが、

「はい。次男と長女は相続放棄しているんです。」という感じで話をされます。

しかし、よく話を聞いてみると、
「次男と長女は相続放棄しているんです。」
→「相続人たちで話し合って長男以外は相続放棄することにしました。」
→「長男だけが財産を相続する協議が出来ている。」

という意味で「相続放棄」という言葉を使用していることがよくあります。

 

しかし実は、一般の方が使う相続放棄と専門家が使う相続放棄の意味は全然違います。

一般の方は
「相続放棄」=単純にある特定の財産を受け取らないことの意思表示として使用することがほとんどです。

 

対して専門家が使用する「相続放棄」は、
「相続放棄」=法的に相続人でなくなり、全ての財産を相続できなくなる手続きを意味します。

 

相続人の中の誰かが本当に裁判所で相続放棄手続きをしているのであれば、相続人や相続分、必要な書類や手続きが大きく変わることになりますので、「相続放棄」というワードを聞いたときは、その言葉ではなく意味をきちんと聞く必要があります。

 

また、意外に相続放棄の本当の意味を知らない方が多く、

「相続放棄します」という方に、「借金を背負わずに済みますが全てのプラスの財産も相続できなくなりますよ」と説明すると、

「え?!そうなんですか。知りませんでした。」と驚かれることも結構あります。

 

相続放棄の期間制限

 

正式な相続放棄の手続きを依頼されることももちろんあります。

相続放棄は、原則として相続が起きてから3ヶ月以内にしなければいけませんし、一度放棄すると後から取り消しすることもできません。

また、1人が相続放棄しても、他の相続人が放棄した人の分を分け合うことになるだけで、他の順位の相続人が存在する限り相続は起き続けます。

 

相続放棄することの法的な意味はかなり大きいのですが、裁判所への手続きは期間と要件さえ満たしていれば比較的スムーズにできてしまうので、司法書士に依頼せずご自身でしている方もいます。

ですが、上に書いたようなその後のことまでを考えずにしていたり、意味をはき違えていたりすることもあり、後になって後悔している方を少なからず見てきました。

 

もし現在「相続放棄」を考えているのであれば、まず専門家に事情を相談してみてください。

相続放棄以外の良い解決策がでてくるかもしれませんし、その必要性や事の重大さを認識できるので、しっかりと対策を考えることができます。

 

ちなみに、相続放棄の手続きを受けている行政書士事務所がたまにありますが、

裁判所提出書類を作成できるのは弁護士か司法書士だけで、行政書士は裁判所提出書類の作成はできませんのでご注意ください。

もし行政書士が裁判所に提出する書類を作成してるのであれば、その事務所は違法です。(司法書士や弁護士の資格も持っている事務所なら別です)

 

 

相続放棄の効果

 

相続放棄の効果は、法律的に
「はじめから相続人じゃなかったことになる」です。

もちろん家族としての繋がりを否定されるわけではありませんが、法律的には相続人ではないという扱いになります。

なので、もしお金や株、不動産がたくさんあっても全て相続できません。

一部の財産だけ相続放棄できないのかとたまに質問されますが、出来ません。

その代わり、あとからどれだけ莫大な借金が見つかっても放棄していれば支払う必要もありません。相続人ではありませんので。

ただ、1つ注意しないといけないことがあります。

それは、自分が相続放棄したことで「新たに相続人になる人がいる」ということです。

借金問題などで悩んで相続放棄したことで、新たに相続人になる別の親族が苦しむ可能性があります。

これはトラブルになる可能性がとても高いので危険です。

なので、相続放棄するときは自分が放棄すればそれで終わりではなく、次に誰が相続人になるのか(その方も一緒に相続放棄の手続をした方が良いのか)をも考える必要があります。

 

 

相続放棄の費用

相続放棄にかかる費用は大きく分けて3つです。

まず専門家費用です。司法書士だとだいたい3~6万円ぐらいが相場だと思います。

ただし、2人以上が相続放棄しないといけない場合もありますので、その場合はもっと高くなります。

次に裁判所の費用です。収入印紙と郵便切手など、あわせて1万円ぐらいかかると思ってください。

そして最後に実費です。申立てには戸籍などの相続人であることを証明する書類を提出します。この書類を役所から取り寄せる費用がだいたい1~2万円かかります。

相続人が多い場合や、相続関係が複雑な場合はもっとかかる場合もあります。

 

 

 

 

最後に

相続放棄は比較的簡単にできますが、自分1人だけが相続放棄をすれば解決するわけではありません。

また、たとえばお金を相続して使ったとか、引き出したとか、家を相続して住んでいるなどの事情によっては相続放棄じたいが出来ない場合もあります。

かならず専門家に相談してから手続されることをオススメします。