はじめての方へ

お客様の声

メールまたは電話にてお気軽にご相談ください。

TEL : 078-262-1760

(9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

メールでのお問い合わせは、24時間受付中!
メールでのお問い合わせフォームはこちら

事務所所在地・アクセス

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通三丁目2番17号 ワールド三宮ビル2階W-03
営業時間 9:00〜18:00(土日祝も対応可能)

相続手続ガイド

  • 相続発生前の対策①税金
  • 相続発生前の対策②身の回り
  • 相続発生後の手続の流れ
  • 相続手続の注意点
  • 相続手続にかかる費用
  • 相続でモメる原因
  • 遺産分割がまとまらないとき
  • 相続放棄
  • 遺言証書ガイド

  • 遺言の種類(自筆と公正証書)
  • 遺言を残すメリット
  • 遺言の書き方と注意点
  • 遺言作成にかかる費用
  • 遺言を見つけたとき
  • 成年後見ガイド

  • 成年後見人とは?
  • 後見人がつくと何が変わる?
  • 誰が後見人になれる?
  • 自分で後見人を指定できる?
  • 後見人の申立て方法は?
  • 成年後見の費用と時間
  • 家族信託ガイド

  • 家族信託とは?
  • 家族信託と遺言との違い
  • 家族信託と後見との違い
  • 家族信託のすごいところ
  • 家族信託の費用は?
  • 会社・法人ガイド

  • 会社の種類と設立
  • 会社設立の流れ
  • 会社を立ち上げるメリット
  • 会社を立ち上げるデメリット
  • 会社設立にかかる費用
  • 株式会社と合同会社の違い
  • 司法書士とは

  • 司法書士ができること
  • 司法書士と行政書士の違い
  • 司法書士と弁護士の違い
  • その他手続きガイド

  • 不動産登記(名義変更)
  • 生前贈与
  • 裁判関係(過払い・債務整理)
  • 主な対応可能地域

    神戸市(中央区/東灘区/灘区/西区/兵庫区/長田区/北区/須磨区/垂水区)/三宮/元町/西宮/芦屋/明石/大阪市/豊中/伊丹/三田
    その他の地域も出張相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

    関係HP

  • 関係HP一覧
  • 西宮・芦屋HPは↓
  • 西宮・芦屋の相続登記、遺産分割、遺言は司法書士かみしおいり法務事務所

    相続遺言ブログ

    遺言書を発見したときどうするの?

    親しい方が他界し、遺品を整理していたらタンスの奥から遺言書が・・・!

    もし遺言証書を見つけたとき、どうすれば良いかご存知でしょうか?
    相続人たちを呼んで、皆の前で読み上げる?封がされている場合は開けて良い?それとも開けちゃダメ?
    実は、「遺言書を見つけたときどうすべきか」は法律によって決められています。

    発見した遺言書が「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」とでその後の手続や対応が変わりますので、それぞれ説明します。


    1.「自筆証書遺言」を発見したとき

    自筆証書遺言を発見したとき、そのままでは不動産の名義変更や金融機関の手続に使用することは出来ません。

    自筆証書遺言は遺言者の没後、家庭裁判所において相続人全員の立会いのもと、裁判所による「検認」手続を経て初めて法的書面として手続に使用することができます。 また、封がされているかされていないかで対応が変わりますので注意が必要です。

    (1)自筆証書遺言が封に入って封印がされているとき

    自筆証書遺言が封に入って封印がされているときは、その封筒を開けて中身を確認できるのは、家庭裁判所で相続人全員が立会っているときだけです。
    裁判所以外の場所で勝手に封を開けてしまうと、場合によっては中身を隠したり、改ざんしたりするおそれがあるからです。そうでなくても他の相続人からあらぬ疑いの目を向けられてしまう可能性があるため、後日の紛争を防ぐためにも家庭裁判所での開封が法律上規定されています。

    もし自筆証書遺言書を裁判所に提出する前に開けてしまった場合は、5万円以下の過料の制裁を受けることがありますのでご注意ください。
    封印がされている自筆証書遺言書を発見したときは、封筒を開けずに司法書士にご相談ください。

    (2)自筆証書遺言が封に入っていないとき、封に入っているものの封印がされていないとき

    自筆証書遺言が封に入っていないとき、もしくは封に入っているものの封印がされていないときでも、家庭裁判所で検認の手続をしなければいけない点は同じですので、そのままの状態で司法書士にご相談ください。


    2.「公正証書遺言」を発見したとき

    公正証書遺言書は自筆証書遺言書と異なり、作成の段階で公証人によって法的書面として認められていますので、遺言者の没後、家庭裁判所で検認の手続を経る必要はありません。
    したがって、公正証書遺言書を発見した場合は司法書士にその旨を伝え遺言書を提示いただければ、スムーズに手続に入ることができます。

    また、公正証書遺言書は公証役場でデータとして保管されていますので、「遺言者から公正証書遺言書を作成したことは聞いたが見つからない」という場合は、全国の公証役場で公正証書遺言書の検索と交付請求をすることができます。


    3.まとめ

    自筆証書遺言書と公正証書遺言書のどちらを発見したとしても、司法書士にご相談いただければ適切に対処することができますので、発見したときの状態のままで保管のうえご相談ください。

    お問い合わせはこちら

    メールまたはお電話にてお気軽にご相談ください。
    TEL : 078-262-1760
    (携帯からご覧の方は電話番号タップ)

    (9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

    メールでのお問い合わせは24時間受付中!
    メールでのお問い合わせフォームはこちら


    TOPに戻る