はじめての方へ

お客様の声

メールまたは電話にてお気軽にご相談ください。

TEL : 078-262-1760

(9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

メールでのお問い合わせは、24時間受付中!
メールでのお問い合わせフォームはこちら

事務所所在地・アクセス

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通三丁目2番17号 ワールド三宮ビル2階W-03
営業時間 9:00〜18:00(土日祝も対応可能)

相続手続ガイド

  • 相続発生前の対策①税金
  • 相続発生前の対策②身の回り
  • 相続発生後の手続の流れ
  • 相続手続の注意点
  • 相続手続にかかる費用
  • 相続でモメる原因
  • 遺産分割がまとまらないとき
  • 相続放棄
  • 遺言証書ガイド

  • 遺言の種類(自筆と公正証書)
  • 遺言を残すメリット
  • 遺言の書き方と注意点
  • 遺言作成にかかる費用
  • 遺言を見つけたとき
  • 成年後見ガイド

  • 成年後見人とは?
  • 後見人がつくと何が変わる?
  • 誰が後見人になれる?
  • 自分で後見人を指定できる?
  • 後見人の申立て方法は?
  • 成年後見の費用と時間
  • 家族信託ガイド

  • 家族信託とは?
  • 家族信託と遺言との違い
  • 家族信託と後見との違い
  • 家族信託のすごいところ
  • 家族信託の費用は?
  • 会社・法人ガイド

  • 会社の種類と設立
  • 会社設立の流れ
  • 会社を立ち上げるメリット
  • 会社を立ち上げるデメリット
  • 会社設立にかかる費用
  • 株式会社と合同会社の違い
  • 司法書士とは

  • 司法書士ができること
  • 司法書士と行政書士の違い
  • 司法書士と弁護士の違い
  • その他手続きガイド

  • 不動産登記(名義変更)
  • 生前贈与
  • 裁判関係(過払い・債務整理)
  • 主な対応可能地域

    神戸市(中央区/東灘区/灘区/西区/兵庫区/長田区/北区/須磨区/垂水区)/三宮/元町/西宮/芦屋/明石/大阪市/豊中/伊丹/三田
    その他の地域も出張相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

    関係HP

  • 関係HP一覧
  • 西宮・芦屋HPは↓
  • 西宮・芦屋の相続登記、遺産分割、遺言は司法書士かみしおいり法務事務所

    相続遺言ブログ

    会社の設立登記手続にかかる費用

    株式会社の設立には、会社本店の事務所家賃のほか、設備投資にかかる初期費用、会社設立登記申請の登録免許税、司法書士報酬、公証役場での公証人手数料、顧問税理士への報酬など、実に多くの費用がかかります。

    ここでは一般的な株式会社にかかる費用について説明しますので、だいたいどんなものにいくらぐらいお金がかかるのかを把握してもらえればと思います。
    また、会社の設立登記をご自身でされる方もいますので、参考として「司法書士に依頼した場合」と「ご自身で設立登記を申請した場合」に分けて説明したいと思います。


    ▼株式会社設立にかかる費用など(資本金100万円)     
    項目 ご自身でされる場合 司法書士に依頼した場合
    定款作成(印紙) 4万円 0円
    (電子定款のため印紙不要)
    公証人手数料 5万5000円 5万5000円
    登録免許税 15万円 15万円
    各書類作成 定款・払込証明など全てご自身が作成 全て司法書士が作成
    法務局への登庁 申請で1回、完了後の謄本取得で1回
    不備がある度
    全て司法書士が行う
    司法書士報酬 0円 約12万円
    合計 約24万5000円 約32万5000円

    以上が主な費用です。
    ご自身でされる場合と司法書士に依頼した場合の差額は、当事務所の報酬基準で計算すると約8万円です。
    この差額をみて大きいと思いますか?小さいと思いますか?
    肝心なのは、会社設立は申請して通ればそれで良いと言うものではないということです。

    会社は設立登記が完了して、ようやく本来の目的である事業を行うことができるようになります。
    しかし会社の定款に事業目的が記載されていなかったり、その他の定款条項に不備がある場合、再度会社の目的追加や定款変更の手続をしなければならず、時間はもちろん登録免許税が余分にかかる可能性があります。
    また、会社の定款や作成した書類に不備があればその後の融資や信用に大きく関わる可能性もあり、事業自体を中止せざるを得ない状況になりかねません。

    せっかく立ち上げた会社がいきなりそのようなリスクにさらされることは、誰も望んでいないはずです。
    ご自身でされるということは、専門家のチェックがまったくない会社を意味します。
    これはあまりにも危険だと思います。

    司法書士に依頼すると費用がかかります。しかし、その金額以上のリスクを回避し、安心安全に事業を行うことを考えると、高くはないはずです。
    書類作成などの事務作業を司法書士に任せ、相談しながら確実に設立することで事業に専念でき、いち早く事業を軌道に乗せることにも繋がります。

    大切な会社だからこそ、スタートが肝心です。ご自身でされる場合は、リスクをよく検討してみてください。


    会社設立の流れなどについては別のページで詳しく解説しますので、そちらをご覧ください。

    会社の種類と設立


    会社設立の流れ


    会社設立のメリット


    会社設立のデメリット


    株式会社と合同会社の違い


    お問い合わせはこちら

    メールまたはお電話にてお気軽にご相談ください。
    TEL : 078-262-1760
    (携帯からご覧の方は電話番号タップ)

    (9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

    メールでのお問い合わせは24時間受付中!
    メールでのお問い合わせフォームはこちら


    TOPに戻る