はじめての方へ

お客様の声

メールまたは電話にてお気軽にご相談ください。

TEL : 078-262-1760

(9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

メールでのお問い合わせは、24時間受付中!
メールでのお問い合わせフォームはこちら

事務所所在地・アクセス

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通三丁目2番17号 ワールド三宮ビル2階W-03
営業時間 9:00〜18:00(土日祝も対応可能)

相続手続ガイド

  • 相続発生前の対策①税金
  • 相続発生前の対策②身の回り
  • 相続発生後の手続の流れ
  • 相続手続の注意点
  • 相続手続にかかる費用
  • 相続でモメる原因
  • 遺産分割がまとまらないとき
  • 相続放棄
  • 遺言証書ガイド

  • 遺言の種類(自筆と公正証書)
  • 遺言を残すメリット
  • 遺言の書き方と注意点
  • 遺言作成にかかる費用
  • 遺言を見つけたとき
  • 成年後見ガイド

  • 成年後見人とは?
  • 後見人がつくと何が変わる?
  • 誰が後見人になれる?
  • 自分で後見人を指定できる?
  • 後見人の申立て方法は?
  • 成年後見の費用と時間
  • 家族信託ガイド

  • 家族信託とは?
  • 家族信託と遺言との違い
  • 家族信託と後見との違い
  • 家族信託のすごいところ
  • 家族信託どんな時に役に立つ?
  • 家族信託の費用は?
  • 会社・法人ガイド

  • 会社の種類と設立
  • 会社設立の流れ
  • 会社を立ち上げるメリット
  • 会社を立ち上げるデメリット
  • 会社設立にかかる費用
  • 株式会社と合同会社の違い
  • 司法書士とは

  • 司法書士ができること
  • 司法書士と行政書士の違い
  • 司法書士と弁護士の違い
  • その他手続きガイド

  • 不動産登記(名義変更)
  • 生前贈与
  • 未払い賃料・給料
  • 裁判関係(過払い・債務整理)
  • 主な対応可能地域

    神戸市(中央区/東灘区/灘区/西区/兵庫区/長田区/北区/須磨区/垂水区)/三宮/元町/西宮/芦屋/明石/大阪市/豊中/伊丹/三田
    その他の地域も出張相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

    所長のブログ

    株式会社と合同会社の違い

    設立される会社でもっともポピュラーなのは「株式会社」です。しかし、近年では費用の安さから「合同会社」を選択する方が増えています。

    たしかに初期費用だけで比較すると株式会社よりも合同会社の方が安く設立することが出来ます。しかし、本当に初期費用だけで判断して良いのでしょうか?
    株式会社と合同会社には、費用面以外にも、実際に会社を経営していくうえでの違いが多く見られます。
    そんな株式会社と合同会社の主な違いをご紹介したいと思います。

    ▼株式会社と合同会社の違い(手続など)     
    株式会社 合同会社
    設立に必要な最低人数 1名 1名
    議決権 持株数に比例 原則1人1票
    代表の呼び方 代表取締役 代表社員
    役員の任期 最長10年 期限なし
    社会的な認知度 高い 低い
    重要な決議 株主総会の特別決議
    (議決権2/3以上の多数)
    社員全員の同意
    (※定款で緩和できる)
    最低資本金額 1円 0円もOK

    以上が株式会社と合同会社の手続等の違いです。

    ここで皆さんに大きく関わるであろう重要なことは、まず代表の呼び方です。
    一般的な認識のとおり代表=社長ですが、合同会社の構成員は社員なので、代表は「代表社員」という呼び方になります。

    代表社員という名称に慣れていない方は違和感を覚えるかもしれませんし、第三者に名乗ったときに第三者が代表社員=社長のイメージがわかないかもしれません。

    次に、「社会的な認知度」の違いです。
    株式会社は日本でもっともポピュラーな形態の組織ですので、株式会社に対して疑問に思う人は多くありません。
    銀行や取引先に対しても何の違和感なく説明ができ、また相手も「会社」として認識してくれます。

    対して合同会社の認知度は高くありません。
    一般の方よりも合同会社と多く接しているであろう銀行や税理士でさえ、合同会社と株式会社の違いについて詳しく知りません。

    つまり、合同会社であるということだけで、「何故わざわざ合同会社を選択したの?」と疑問に思われる可能性があるのです。
    認知度が高くないということは、その都度合同会社を選択した理由を説明しなければいけませんし、何よりその時点で合同会社は株式会社と比べて信用が劣るともいえます。

    続いて、株式会社と合同会社の費用面での違いを説明します。


    ▼株式会社と合同会社の違い(初期費用など)
    株式会社 合同会社
    定款印紙代 4万円 4万円
    定款認証料 5万5000円 0円
    登録免許税 15万円 6万円
    合計 24万5000円 10万円

    ※このほか、登記簿謄本、印鑑証明書取得費用などがかかります。


    株式会社と合同会社の設立時にかかる初期費用の差額は約15万円です。
    この15万円を高いとみるか、安いとみるかは人それぞれです。

    いったん合同会社で設立し、事業が軌道に乗った段階で株式会社に組織変更することも可能ですが、その手続をする際にはほぼ間違いなく司法書士の関与を必要とし、費用は設立時の差額15万円以上になります。

    将来的に事業を拡大する気はないものの、個人では不都合が多いので会社という体裁を保ちたいというのであれば、株式会社よりも合同会社の方が良いと言えるかもしれません。


    会社設立の流れなどについては別のページで詳しく解説しますので、そちらをご覧ください。

    会社の種類と設立


    会社設立の流れ


    会社設立のメリット


    会社設立のデメリット


    会社設立にかかる費用


    お問い合わせはこちら

    メールまたはお電話にてお気軽にご相談ください。
    TEL : 078-262-1760
    (携帯からご覧の方は電話番号タップ)

    (9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

    メールでのお問い合わせは24時間受付中!
    メールでのお問い合わせフォームはこちら


    TOPに戻る