はじめての方へ

お客様の声

メールまたは電話にてお気軽にご相談ください。

TEL : 078-262-1760

(9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

メールでのお問い合わせは、24時間受付中!
メールでのお問い合わせフォームはこちら

事務所所在地・アクセス

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通三丁目2番17号 ワールド三宮ビル2階W-03
営業時間 9:00〜18:00(土日祝も対応可能)

相続手続ガイド

  • 相続発生前の対策①税金
  • 相続発生前の対策②身の回り
  • 相続発生後の手続の流れ
  • 相続手続の注意点
  • 相続手続にかかる費用
  • 相続でモメる原因
  • 遺産分割がまとまらないとき
  • 相続放棄
  • 遺言証書ガイド

  • 遺言の種類(自筆と公正証書)
  • 遺言を残すメリット
  • 遺言の書き方と注意点
  • 遺言作成にかかる費用
  • 遺言を見つけたとき
  • 成年後見ガイド

  • 成年後見人とは?
  • 後見人がつくと何が変わる?
  • 誰が後見人になれる?
  • 自分で後見人を指定できる?
  • 後見人の申立て方法は?
  • 成年後見の費用と時間
  • 家族信託ガイド

  • 家族信託とは?
  • 家族信託と遺言との違い
  • 家族信託と後見との違い
  • 家族信託のすごいところ
  • 家族信託の費用は?
  • 会社・法人ガイド

  • 会社の種類と設立
  • 会社設立の流れ
  • 会社を立ち上げるメリット
  • 会社を立ち上げるデメリット
  • 会社設立にかかる費用
  • 株式会社と合同会社の違い
  • 司法書士とは

  • 司法書士ができること
  • 司法書士と行政書士の違い
  • 司法書士と弁護士の違い
  • その他手続きガイド

  • 不動産登記(名義変更)
  • 生前贈与
  • 裁判関係(過払い・債務整理)
  • 主な対応可能地域

    神戸市(中央区/東灘区/灘区/西区/兵庫区/長田区/北区/須磨区/垂水区)/三宮/元町/西宮/芦屋/明石/大阪市/豊中/伊丹/三田
    その他の地域も出張相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

    関係HP

  • 関係HP一覧
  • 西宮・芦屋HPは↓
  • 西宮・芦屋の相続登記、遺産分割、遺言は司法書士かみしおいり法務事務所

    相続遺言ブログ

    後見申立て・成年後見人とは?

    高齢化社会、認知症リスクが増えたこともあり、後見への社会的関心は高くなっています。 ご存じない方も多いかと思いますが、成年後見制度を利用した際に裁判所が選任する第三者後見人のうち、司法書士と弁護士などの専門家を特に専門職後見人と呼び、専門職後見人の中で最も後見人に就任している職業が司法書士なのです。
    そんな後見人制度の利用の方法、誰が選任されるのか等について簡単にご紹介します。


    成年後見人とは?

    成年後見人とは、事理弁識(判断)能力がなくなり、日常生活において自分で財産を管理し利用することが難しくなった人のために、法律上の代理人となり、その方に代わって法律行為(契約)や財産管理を行う人を言います。
    判断能力がどれぐらいあるのかによって、後見のほか、補助あるいは保佐という制度もあります。


    一番症状が重いと診断される後見の場合、日用品の購入等日常生活に関する行為と一身専属権(その人固有に属する権利:結婚や相続放棄など)以外のすべての行為を、後見人が代理することができるようになります。
    さらに、本人がした行為(高額物品の購入など)でさえ、本人によって不利益であると判断すれば後から取り消すことも可能になる、とても大きな権限を持つことになります。

    この制度は裁判所に申立てをして初めて利用可能になるため、例えば本人の子どもがお世話をしているという意味で後見人と名乗ったとしても、それは法的な意味を持ちません。
    判断能力がない本人に代わり法律行為などをできるため、本人が知らない間に悪徳業者と契約してしまったり、相続人や親戚に預貯金を不正使用されてしまうといった不利益から守ることが可能になります。


    成年後見や任意後見を利用することで、本人の判断能力が失われたあとも、本人の財産を管理・保護することができます。
    本人の経済的利益を守ることは、すなわち将来の相続人たる配偶者や子どもたちを守ることに繋がります。


    後見の現場でよくあるのが、面倒を見ていた相続人の1人が不正にお金を持ち出したり、自分のために浪費しているのではないかと疑われるケースです。
    面倒を見ていた相続人は本当に単純な善意で、本人のためにお金を使っていたのに、あらぬ疑いをかけられ、その後の相続人の仲が悪くなってしまうことがあります。
    そうなったとき、悲しいことに当の本人に意思能力はなくなっていますから、どうすることも出来ません。
    このような悲しい事をご自身のご家族にあわせないように、意思判断能力がしっかりしている内に後見のこと、相続のことをぜひ一度考えてみてください。


    成年後見を利用しようとされる方からよくある相談をまとめていますので、こちらもご覧下さい。


    後見人がつくと何がどう変わるの?


    誰が後見人になれるの?


    後見人を自分で選ぶことは出来る?


    後見申立ての方法は?


    費用と時間はどれぐらいかかる?


    お問い合わせはこちら

    メールまたはお電話にてお気軽にご相談ください。
    TEL : 078-262-1760
    (携帯からご覧の方は電話番号タップ)

    (9:00〜18:00 土日祝も対応可能)

    メールでのお問い合わせは24時間受付中!
    メールでのお問い合わせフォームはこちら


    TOPに戻る