オンライン(特例方式)申請時の登記原因証明情報PDFが補正できるように。

実務の話です。

平成29年6月30日付で法務局より通知がありました。

内容は、待ちに待った?

「オンライン申請(特例方式)時のPDF添付した登記原因証明情報の補正」が可能になる。(大阪法務局管轄内)

という内容です。

 

今まで散々オンライン申請を推奨してきたのに、肝心の不動産登記申請について添付した登記原因証明情報が補正できないという欠陥があったために、未だに銀行融資がある場合の多くは怖くて紙ベースで申請せざるを得ず、遠方に行くだけで時間と体を取られていました。

よく考えると何でも電子化した現代で時代錯誤も良いところですよね^^;

 

法務局もその辺は問題だと感じていたのか、ついこの前まで2回に渡りオンライン登記申請状況についてのアンケート調査がされていました。

「一番申請件数が多い所有権移転⇒抵当権設定の決済業務においてオンライン申請が事実上使えないのは誰にとっても不利益でしかない」と私もしっかり書いておきました。

 

そんな司法書士の切実な声があまりにも多かったからか?

今回のオンライン申請緩和措置を取ってくれることになりました。

 

ただし、完全に何でも補正OKというわけでもなさそうで、

登記官が架空の申請または登記妨害など不当な申請であると判断した場合は補正ダメ

という前提のもと、以下のような場合に限定されています。

①PDFファイルの単なる送信ミス(送信忘れ)はオンラインで一度のみ追完できる。
かつ、追完するPDFファイルが登記所に到達するよりも前に、同一不動産に対して当該登記に抵触する登記申請または嘱託がない場合に限る。(対抗要件)

②PDFファイルに字句の誤りor記載の一部遺漏がある場合であっても、後から郵送or持参で提出された登記原因証明情報の原本に、これら字句の訂正が作成者の訂正印をもって訂正されているor遺漏箇所の記載がされている場合において、登記官が形式的な訂正だと判断したときは、適正なPDFファイルの提供があったものとして扱う。

 

送信忘れは反射的に即取り下げして申請し直してきたので、自分にはあんまり関係ないのかなと思ったりしましたが、

今日絶対に申請しないといけないけど書類をもらってたり準備していたら法務局に行く時間がない!でも書類が揃うのは確実!の場合とか

決済が大幅に遅れた!決済場所から法務局までは時間がない!
申請だけは滑り込まさないといけないからオンライン申請に切り替えて事務所にいる人間にオンライン申請(PDFなし)してもらおう!
登記原因証明情報は補正通知が来てから送信!

みたいな場合に使えると考えるとかなり便利になりますね。

司法書士が夕方に汗かきながら法務局に走る必要も減りそうです。

 

②の書面で訂正してればOKは、つまり書面を法務局に提出する段階までに誤りに気付かないとジ・エンドってことですかね・・・?

それともこれまでの書面申請のように、間違いに気付かず書面で出しちゃったあとでも登記官から補正連絡があって直接法務局まで訂正しに行けばOKなんでしょうか・・・?

この違いはかなり大きいですよね。。

 

と思ったら通知メール本文に

「PDFに関する補正についても従来の紙申請と同様に取り扱われるようになる」

としっかり書かれてました。良かった良かった♪